京都烏丸 足裏マッサージ 中国足心道ひとやすみ。

施術後について

施術後の体調変化について

施術中や施術後は、血液の循環が良くなったり

内蔵機能が活性化したりします。

その反応として下記のような症状がみられる事がありますが

一時的な症状ですのでご安心下さい。

ご心配があれば、遠慮なくご相談ください。


めまい・だるさ・吐き気・太る

腎臓機能が低下しているために、施術で動き出した「汚れ」が
腎臓で充分ろ過できず「汚れた血液」として全身を廻っている
状態です。施術により腎臓機能も向上しますので、
時間がたてばおさまります。

湿疹・目やに・鼻血・痔疾患・尿が臭い・尿の色が濃い

足に溜まっていた汚れが動きだし、その汚れが体外に
排泄されるために起こる症状です。
非常に良い経過の現れです。

眠い

施術中は足が暖まるので、いわゆる「頭寒足熱」の状態になり、
眠気が増します。
日常的におこる身体の反応ですのでご安心ください。

発熱

施術によってリンパ球が動き出し、それまで体内で潜伏していた
ウイルスと戦いはじめると発熱する場合がありますが、
しばらくするとおさまります。

腫れ・むくみ・痛み

腎臓の機能低下に加えて、施術により足に溜まっていた汚れが
膨張するとむくみや腫れが出る場合があります。
そのままでも差し支えありませんが、
36〜40度の塩湯に足を浸けたり、
相対応反射を利用して手を揉むことにより楽になります。